レビトラではなくジェビトラ!貧乏な俺でも買えるED薬

ジェビトラでED治療

ジェビトラとは、ED治療薬で有名なレビトラのジェネリック医薬品です。
有効成分はバルデナフィルで、製薬会社はインドのアフマダーバードに所在しているサンライズレメディです。
仏教のアーユルヴェーダーの思想に基づき、良心的な運営を目指しており、信頼の高い製薬会社です。
有効成分のバルデナフィルですが、正式には塩酸バルデナフィル水和物と呼びます。
水に溶けやすいので、EDに効果的な成分の中では一番即効性があるとされています。
効果の持続時間は個人差や、成分が含まれている量にもよりますが、大体5時間から10時間だとされています。
バイアグラの有効成分シルデナフィルは効果の持続時間が5時間だとされているので約倍近くの持続時間となります。
そして、もうひと津特徴的なのが、食事の影響を受けにくいという事です。
シルデナフィルは食事に多大な影響を受けるとされていますが、バルデナフィルは比較的影響は少ないとされています。
しかし、空腹時のほうが効果は期待できますので、服用する際はなるべく何も食べないでおきましょう。
どうしても食事をとらなきゃいけない場合は、なるべく軽めの食事にしましょう。
日本食などがあっさりめですのでお勧めとされています。
ジェビトラはレビトラのジェネリックになるのですが、元々あった先発薬に対し、特許が切れたものは他の製薬会社が同じ有効成分で開発することが可能となっています。
治療薬を一から開発する際、莫大な開発費と年数がかかります。
元々ある有効成分ですので、安全性や、効果は確立されていますので、再開発するのに製薬費用が少なくて済みます。
ED治療薬はいまバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類あるのですが、どれをとってもかなり高価なものになります。
しかも日本国内では自費診療ですので保険が適用されません。
1錠大体、1500円から3000円だと言われてますので中々手にしにくい値段です。
そこでジェネリック医薬品は開発費用が安く済むので、販売価格も先発薬に対して安く済むという事です。
EDで悩んでる人は年々増加の傾向にあります。
病院で診てもらうのが一番なのですが、中々相談しにくい病気です。
ジェビトラなどはインターネットで海外から個人輸入することが可能です。
あくまでも個人で使用する場合のみ可能ですので、お間違えないように。
服用する際は使用方法を必ず読んで守りましょう。

ジェビトラは、ED治療に効果アリ|お薬110番