レビトラではなくジェビトラ!貧乏な俺でも買えるED薬

レビトラのジェネリック

勃起不全の薬は飲めば勃起するわけではなく、あくまでも性的な刺激や興奮を得る事で陰茎が反応しやすくなり、勃起を起こすことができるようになる薬です。
また性的な興奮作用や性欲増強など効果を得ることはできないので注意が必要です。
ED治療薬を服用する前にまず知っておかなければならないのが、副作用です。
副作用には特徴的あものがいくつか挙げることができます。
顔の火照りが出る事があり、身体の血流を良くする作用によって見られやすい症状です。
他には、頭痛や目の充血、鼻づまりや動悸などの症状が見られます。
こういった症状は、服用者の多くの方に見られ、薬の聞き始めの合図だと思っていただいて構いません。
薬の作用時間はバイアグラやレビトラの場合には4~6時間程度なので、その間に副作用の症状が治まれば問題はないとされています。
気になる場合や症状が続くようであれば、医師に相談するようにしてください。
どんな薬にも副作用はあるので、初めて服用する方などは注意してください。
ED治療薬の中で最も人気の高いシアリスという薬がありますが、効き目の発現時間に大きな個人差(1~4時間)があるので、急な時などには対応しずらいです。
急な時に欲しい作用は即効性であり、治療薬の中で最も即効性が高いのがレビトラという薬となっています。
主成分であるバルデナフィルが水に溶けやすい性質を持っているので、すぐに体内に吸収され、早い人で20分程度で効果が発現します。
先発薬なので、病院処方のみとなっており、すべて自己負担による治療となります。
薬代を抑えたいと考える場合には後発薬であるジェネリック医薬品がお勧めです。
成分や効能、副作用もレビトラと同様のジェビトラという薬があります。
ジェビトラとは、20ミリグラム、40ミリグラム、60ミリグラムの3種類があり、バルデナフィルの成分が先発薬(5ミリグラム、10ミリグラム、20ミリグラム)に比べても多く含まれています。
使用回数が多い方や先発薬の配合量ではあまり効き目を実感できなかった人にはお勧めの製品となっています。