レビトラではなくジェビトラ!貧乏な俺でも買えるED薬

勃起不全の3段階の症状

EDとは、男性に起こる性的な障害のことになります。
症状は大きく分けると3種類あり、完全・中等・軽度の3段階に分けることができます。
完全は常に刺激を受けても勃起しないため性行為が行えない状態、中等は時々、性行為ができない、軽度の場合にはたまに性行為ができないとなります。
男性の勃起のメカニズムを簡単に説明すると性的刺激あるいは性的興奮を得る事で身体の血液がペニスに集中してこる生理的現象であり、勃起不全になるとペニスが硬さを得るための十分な血液が集まらなくなり、勃起状態にならなくなってしまいます。
原因にも幾つかあり、心因性と言われる精神的に受けたストレスである場合や血管や神経に異常があり起こる器質性、他の病気のために服用している薬の影響による薬剤性などが挙げられます。
心因性である場合にはカウンセリングなどの精神療法などと同時に薬を用いた薬物療法などで改善することができます。
器質性の場合、加齢などの年齢的な問題、または喫煙習慣、生活習慣病などが原因となっているので、生活習慣病は生活をコントロールし、喫煙習慣などは見直す必要があります。
年齢的なものは治療できないのでやはり薬物を用いた方法となります。
薬剤性は特定の薬の作用によって勃起不全を起してしまうので、特定の薬の服用終了と同時に解消される場合があります。
加齢による男性機能の低下によって、あるいは心因性の影響で勃起不全は起こると考えられてきましたが、現在ではこの3つが混ざり合った混合性によるものもあるとわかりました。
治療には外科的な手術を施して勃起機能を回復させる方法などもありますが、リスクも伴い費用の負担も大きいのでお勧めできる方法ではありません。
費用を抑え、安全に行っていく方法としてED治療薬を用いて行う方法があります。
保険の適用は受けることができませんが、第一世代の薬であるバイアグラや第二世代のレビトラ、第三世代のシアリスの3種類のどれかを使用します。
勃起維持あるいは勃起不全の症状を解消し、勃起力をサポートしてくれる薬となります。
副作用にも重篤なものはなく、安心して使用することができる薬となります。